【連載】自己中実母がしんどい【産前産後編】
純度100%ノンフィクション話です。タイトル通りの話なので苦手な方は避けてください。

【前回のお話】世界の中心にいる実母


【あらすじ】
第一子の出産から一年半後、第二子妊娠!
前回の反省を生かして妊娠報告するが「なぜ里帰りしないのか」と不機嫌そうな実母。
娘は自分の幼少期を思い出す―

220507-01
220507-02
220507-03
220507-04
220507-05
220507-06

冒頭、隙あらば自分語りが入ってすみません。

「自分はこうしたい(こうしてほしい)」を言える母と、
本音を言うのが昔から苦手な娘(私)の組み合わせ、

まあ、そりゃ合わないよね!
別の人間だもの、仕方ない!


…と、今なら思えるのですが、子供の時は「何で母と合わないんだろう…」と思い悩んだ時期もありました。

未だに実母とはこんな感じですが、社会人になって一人暮らしして、結婚して…と世界が広がっていくたびに「まあそれでもいいか」と思えるようになりました。
ほどよい距離感って大事ですね。

この話を描きながらちょっとスッキリしました。
愚痴に付き合ってくださった皆様、ありがとうございます。
そのうち続編を描くかと思いますので、少しお待ちいただけましたら幸いです。


過去話に、インスタ限定で載せてた「おまけ」も載せたので
よかったらご覧ください~!
この話の「おまけ」は明日インスタで公開してから載せます。

【最初から読む】各話の「おまけ」も是非是非~



ちなみに、この話が一区切りつきましたので
ワーママが退職した話の続編を描きます~。
表紙はこんな感じになる予定です。

サンプル

実は退職もハローワークも人生初めてだったので、
人生の経験値がちょっぴり上がりました。
これまで以上にジタバタしている様子をお楽しみください。

前は「仕事」に重点を置いていたので、今回は「子育て」軸で描けたらいいなあと思っています。

ようやく退職話の続きを描けるぞおぉ!



【次の連載はこの話の続き】



【この話の次は「初婚の妻が別の男と結婚してた話(仮題だけど実話)」】